ケアコース

ケアコースとは

ケアコースは根本治療を目的としたコースで、長期にわたって原因から治していく治療になります。シンプルコースとは違い、継続して計画的に来院して頂ける方だけを対象としたコースになります。

初回は、問診・検査・施術・宿題となります。

4,400円(税込)

※初回施術については、2回目からの施術の為に、マッサージの強弱、鍼の太さ、運動療法の負荷、施術の種類の再検討する為の施術となります。あくまでも本格的施術は2回目からとなります。

※宿題については生活習慣等を把握するために頭痛ダイアリー・呼吸法(産後ケア・ダイエットなどの為)・肩甲骨体操(肩こり対策)宿題をお願いしています。

 

2回目

初回の施術後効果と宿題の後に施術計画の説明・施術を行い、患者様毎のオンリーワン治療の提案をさせて頂きます。

2回目以降の施術から1回4,950円(税込)になります。

 

日頃からこんな症状はございませんか(疾患)

 

・肩関節周囲炎

  1. PC作業中に肩に痛みがでる
  2. バッグなどを持ち上げた瞬間に激痛がある
  3. 腕を真横に上げると肩がすくみ痛みがある

・肩こり・上肢神経症状

  1. 洗顔やドライヤーなど手を上げ続けると肩や腕が辛くなる
  2. PCなどデスクワークをしていると腕が辛くなる

・腰痛・下肢神経症状

  1. 長く歩くと足が痛く歩けなくなってくるが、少し休むとまた歩けるようになる
  2. お尻から太ももにかけて痺れやがある

・股関節疾患

  1. 暫く立っていると、足の付け根やお尻周りが痛くなってくる

・膝関節疾患

  1. 普段歩いている時は大丈夫だが、階段の昇降時に痛みがある

・偏頭痛

  1. 週末に頭痛が出る
  2. 脈を打つような頭痛がある
  3. 薬を飲んでも頭痛が治らない
  4. 光・臭い・音などに敏感になり頭痛がある

 

  診察から治療までの詳しい流れ(初診)

1回目来院

(問診・検査・治療・ホームエクササイズ体験・自宅での宿題について)

診察

例)肩関節痛や疼痛や腕が挙がらないなどのケース

 

 

(1)問診

・急性期・亜急性期・慢性期か確認する。

・仕事内容・趣味など日常生活で肩関節を負傷している原因を聞く。

・今まで肩やそれ以外の部位などで負傷経験がないか確認する。

 

 

(2)姿勢から動作時の分析や検査

・姿勢・筋力・柔軟性・腕の使い方を確認。

・起立着座動作・歩行動作を確認する。

・肩関節以外の関節の動きを確認する。

・骨・関節・靭帯・関節包・筋肉・筋膜のどの組織かを推測する。

 

(3)東洋医学的な診察ではカウンセリングの後に全身の状態(脈診・腹診・舌診等)

を見せていただいて、今のお身体がどのような状態であるかを診察していきます。

 

 

初回施術

※初回については、問診・検査から患者様が、どのような施術が最適かを見極めるための大切な施術です。そのために、どのような手技(鍼・灸・マッサージ・運動療法)をどのくらいの強さで、どの位の時間でを、確認するための施術となります。

 

自宅での宿題について

・自宅でのエクササイズ体験

 

・食事チェック

 

2回目以降のご予約について

*治療計画を立案して計画書を作成するのに、1週間程度の時間が必要になりますので

2回以降の来院は1週間以降のご予約をお願い致します。

2回目の診療

(治療方法)

1・肩関節を構成する筋肉の緊張や疼痛を軽減

2・他動運動、自動運動、自動負荷運動、リズム運動、協調運動

 

【治療の進め方】

 

治療周期(起回復理論)

縦軸:個人の体力         横軸:治療間隔(数字が書いてある点は来院日)

 

青線

⒈治療手技+治療時間+個人体力を考えた治療の刺激量と治療周期が適切なケース=症状軽減しながら治る。

赤線

治療手技+治療時間+個人体力を考慮した治療の刺激量だが、治療周期の間隔が空きすぎたケース=症状軽減と症状増強を繰り返している。

緑線

治療手技+治療時間+個人体力と治療内容が適当でなかったケース(長時間のマッサージや鍼の太さ、本数、置鍼時間が長いなど)では、刺激過剰刺激となり体調を崩してしまう。

【ゴール設定】

・安静時疼痛の消失

・肩関節の可動域制限の消失

・テニスができるようになるなど

【料金】

初回  4,400円(税込)

2回目:治療開始

*病院で例えると、問診→検査→検査結果→治療方法・処方箋・治療効果・治癒に至るまでの

期間の説明となります。当院では、問診・検査・結果・治療計画が出来ていないのに、

治療をするのは、熱が出れば何でも風邪薬を処方するのと同じです。

そんな治療院と信頼関係が築けるでしょうか?

 

【治療を始める前に】

長年の症状であれば、すぐに治せるわけがありません。更に、患者様お一人お一人のお身体は全員違いますので、(個別性の原則より)無理な計画ではなく、患者様に寄り添う形で、期間やゴール設定を決めさせて頂きます。病院、整骨院、鍼灸マッサージ、整体院に通院したけれども治らなかったケースでは、治療理論(トレーニング理論)の何かが出来ていなかったためだと思われます。詳細は治療周期治療の進め方を参照してください。

 

【治療期間】

あなたが悩んでおられる疾患と⑴~⑽の要因から症状・原因を取り除き日常生活動作を向上させ、豊かな人生を送って頂くこための計画を一緒に実行していきます。半年、1年とゴール設定は患者様によって様々です。

 

⑴発症期間 ⑹筋萎縮
⑵浅層筋から深層筋群 ⑺柔軟性の低下
⑶骨、関節、軟骨、靭帯など組織の深さ ⑻ウエイトオーバー
⑷姿勢の逸脱 ⑼食事・睡眠・運動・飲酒・喫煙
⑸動作・代償動作(関節リズム・協調運動) ⑽年齢、性別、仕事

【一回の治療 刺激について】

過負荷の原則

適刺激を捜し治療しなければなりません。

漸進性の原則

例)鍼やマッサージのケース

同じ治療を続けると治療効果の頭打ち現象が起こります。そのためには、鍼の太さ、指圧する回数、手技の数、治療時間、鍼を刺すスピード、深さなど変化をさせることが重要になります。

全面性の原則

局所だけではなく頚肩部、腰背部、殿部、膝関節、足関節、脊柱、前面、後面など全体を考える。

整形外科領域だけではなく内科的領域などできるだけ多くの領域を考える。

継続性の原則

治療を中止してしまうと効果が減少してしまい元に戻ってしまう。継続治療が重要となる。

意識性の原則

治療の目的や効果を患者様と共有して、何のための治療なのか治療する事の意味を理解して意識しする。

個別性の原則

治療方法は、各個人のもつ体力、年齢、目的、性別、既往歴などを考慮して決定させて頂きます。

特異性の原則

鍼やマッサージで筋膜、筋肉の硬さが軽減して痛みが軽減しても、柔軟性・ウエイトオーバー・筋萎縮などにはストレッチ、インナーマッスル、アウターマッスルトレーニング、脂肪燃焼には、有酸素運動を行わなければ高められません。

適度に使えば発達するが、使わないと退化し、使い過ぎると消耗することからも適度な刺激をご提案します。

 【各患者様によって違いますが一般的な治療方法

・マッサージ・鍼・灸・インナーマッスルトレーニング・アウターマッスルトレーニング

・バランス訓練・筋膜リリース・脊柱歪み修正・カーディオトレーニング(エアロバイクなど)・コアセラピー(ストレッチポール)・動作訓練(寝返り動作・起き上がり動作・起立着座動作・歩行動作)、栄養指導など。

【治療計画について】

アテナ鍼灸マッサージは、東洋医学に、運動生理学・トレーニング理論・栄養学・機能解剖学・動作分析など様々な学問を用い、患者様の治療計画を立案し治療させて頂きます。

長年の症状であれば、すぐに治せるわけがありません。更に、患者様お一人お一人のお身体は全員違いますので、(個別性の原則より)無理な計画ではなく、患者様に寄り添う形で、期間やゴール設定を決めさせて頂きます。病院、整骨院、鍼灸マッサージ、整体院に通院したけれども治らなかったケースでは、治療理論(トレーニング理論)の何かが出来ていなかったためだと思われます。

 

【治療手技について】

 

・鍼
筋膜に鍼をすることで疼痛軽減などの効果があります。
筋肉の(運動点)に鍼を打つことで血流改善効果があります。
筋肉へ鍼をして電気を通電させるとさらに血流改善や引き締効果があります。
ビリビリ・ジンジンするようなしつこい腰痛や肩こりの方にお薦めです。

・灸
全身が冷えている方にお灸すると筋膜が弛み疼痛軽減などの効果があります。
軽い炎症を起こすことで免疫能力の向上などの効果があります。
凝り固まった筋肉を温かくじっくり緩めていきたい方にお薦めです。

・吸角(カッピング)
カップの中の空気を抜き、体の奥深くで鬱血し、循環が悪くなった血液やリンパ液を表面に引き出し、血行を改善させ、疲労物質の分解を早めます。
疼痛緩和、筋緊張の緩和、血流改善による代謝アップや冷え性の改善などに効果的です。血液循環・代謝・疼痛・浮腫・全身疲労・などの回復や改善の効果があります。
オリンピック金メダリストの外国人水泳選手も試合の前に行っているほどの効果があります!!
また、セレブの背中についている「謎の痕」と言われており美容・ダイエット業界からも世界的に注目されています。

・マッサージ
筋膜・筋肉の硬結改善・血流改善

 

・鍼・灸・吸角(カッピング)・マッサージ二次的な効果

結果的に便秘・良質な睡眠・頭痛改善・冷え症・免疫能力だけではなく美容効果として・肌荒れ・ダイエットなど様々な効果があります。

・運動療法

身体の左右・前後・上下のバランスをリセット

・体幹の安定性を改善して転倒予防・
・可動域減少関節の改善とバランス感覚の回復

脂肪燃焼・心肺機能回復・ウエイトコントロール・成人病予防

マシン・ダンベル

基礎代謝アップ・肩関節疾患や肩こりなどの改善・正常なアライメント改善で再発予防・ダイエットやプロポーションなどに効果があります。

 

筋力低下、萎縮、柔軟性低下、バランス感覚低下、ウエイトオーバーなどが原因の方には、運動も加わります。

⑴怪我や病気の原因の一つに運動不足があります。代表的な内科的疾患として成人病があり、内側から健康を損なっていきます。また整形外科的疾患として骨・関節・筋・筋膜のアライメントバランスを崩し肩こり・腰痛・股関節症・膝関節症などに繋がります。西洋医療・東洋医療での施術をしても、運動不足が原因の場合は症状の軽減・緩和がゴール設定となり再発しやすいでしょう。さらに運動によりヒップライン・腕のたるみ・ウエストラインと美容にも役に立つと思います。

 

 

料金について

継続料金 1回治療料金 4,950円(税込)

ケース1

(1年でのゴール設定)

月に1回来院で1年でゴール設定の場合

合計4,950×12回=59,400円

 

ケース2

(半年でのゴール設定)

*1ヶ月目は月4回

4,950円×4回=19,800円

*2ヶ月目は月2回

4,950円×2回=9,900円

*3ヶ月目~6ヶ月まで月1回

4,950円×4回=19,800円

合計49,500円

ケアコースの予約におけるお願い

  1. 治療周期を守って頂けること

*なぜなら、薬の処方に1日3回2錠で1週間の服用が求められる時、途中でやめた場合は

症状が再発する場合もありますと書いてあるのを見かけませんか?

当院の治療も同じです。初診時の計画書はあくまでも治療周期を守った場合です。

不定期での治療になるとお金と時間を無駄にするばかりか治すことができません。

2.心身共に健康があって楽しい日常生活、豊かな人生が送れると考えています。

その為の健康維持増進に投資が出来る方。

3.ホームエクササイズ、日常生活の注意点を守っていただけること。

例)偏頭痛の患者様

  1. 早寝早起きの規則正しい生活を心がける
  2. 太陽の光を浴びる
  3. リズミカルな運動をする
  4. 食事をする際によく噛む
  5. グルーミング・スキンシップ
  6. トリプトファンを含む食品を食べる
  7. 腸内環境を整える
  8. 継続させることが一番重要です

【鍼灸の一般的な適応症一覧】

神経系

神経痛・神経麻痺・筋肉痛・痙攣・脳卒中後遺症・自律神 経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー等

運動器系

関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頸肩こり・五十肩・腱 鞘炎 ・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)・各種スポーツ障害等

循環器系

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

呼吸器系

気管支炎・喘息・風邪および予防等

消化器系

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・ 胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾・口内炎等

内分秘代謝系

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血等

泌尿器系

腎炎・膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・前立腺肥大・陰萎等

婦人科系

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・のぼせ・つわり・血の道・不妊症等

耳鼻咽喉科系

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃炎・声枯れ等

眼科系

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい等

小児科系

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・ 夜尿症・虚弱体質の改善等

皮膚科系

蕁麻疹・しもやけ・ヘルペス・おでき等

アレルギー

気管支喘息・アレルギー性鼻炎・眼炎等